ラットプルダウンにストラップは必要?

当たり前に使われているラットプルダウン時のリフティングストラップ。私は好みではないし、回数も変わらないので使いませんが、実際ストラップ有り無しの変化ってどのくらいなんだろう?と思い調べてみたらこんなのありました。


The effects of lifting straps in maximum strength, number of repetitions and muscle activation during lat pull-down

Valerio, D. F., Berton, R., Barbieri, J. F., Calzavara, J., De Moraes, A. C., & Barroso, R.Sports Biomechanics, 14 Jun 2019, :1-8DOI: 10.1080/14763141.2019.1610490 PMID: 31198105

研究の目的

ラットプルダウンを行う際にストラップを使用することが1RM重量・1セットあたりの反復回数・総反復回数・筋活動にどのような影響を与えるかを調査すること

研究デザイン

クロスオーバーデザイン

被験者

日頃トレーニングを行っており、ラットプルダウンに慣れている男性12名。年齢27±4歳、トレーニング歴6.6±2.4年

評価方法

被験者をランダムにストラップ群(=WS群)とストラップ無し群(=WOS群)に分けてラットプルダウンの1RMと70%1RMでの反復回数及び3セットでの総反復回数を測定した。3セットでの反復回数を測定する間、広背筋の筋活動が筋電図により測定された。※すべての測定はそれぞれ72時間空けて行われた。

ラットプルダウンのやり方

肘を真っ直ぐ伸ばした状態から顎の高さまで降ろし、コントロールして元の位置まで戻した。コンセントリック1秒エキセントリック1秒で行った。

結果

1RMの測定と総反復回数、筋電図測定においてWS群とWOS群に有意差はなかった。

筆者らの主張

ラットプルダウンではストラップの恩恵はなく、デッドリフトのような高強度のトレーニング時にのみストラップの恩恵が受けられるかもしれない。


ラットプルダウンがどのようなマシンで行われたか、握り方はどのようであるか(ストラップ有りの場合サムレスグリップで行うことが多いと思うので…)が明記されていない点が気になりますし、エキセントリック局面の時間がコンセントリック局面と同じに設定されている点が実際に行われているやり方とちがうよな~と感じました。

後半のセットではストラップ有りでも良いかなーという感じだけですね。恐らく調査されることはないでしょうが、ストラップ有り無しの長期的な効果も知りたいですね。