NSCAジャパンマスターコーチ

ご報告です。

NSCAジャパンマスターコーチになりました。

マスターコーチとは

“ NSCAジャパンマスターコーチは、将来のNSCAジャパンの教育活動を担う、大切な人材として捉えられています。研修を受けたマスターコーチは、NSCAジャパンコーチコースにおける実技講習会などの活動を行なっています。 ”(NSCAジャパンHPより)

NSCAの実技セミナー講師や実技検定の試験官を担当します。

レベルアッププログラム(NSCAジャパンのスキルアップ制度)の一新に伴い、以前は「認定検定員」という名前でしたが10月から「マスターコーチ」へと名称が変わりました。

9月(一次)と10月(二次)に行われた試験( 実技や筆記、模擬セミナー )を終え無事に合格し、晴れてマスターコーチとなりました。

実技にはハングスナッチやハングクリーンが含まれおり、いつもの試合用のフォームでなく一番ベーシックなフォームに修正するのが非常に大変でした。

この2ヶ月は生きた心地がしなかったので、ようやく一段落、というところです。

マスターコーチになったー!わーい!!ってだけでなく、

自分という存在が日本におけるS&Cの普及にどれだけ役立てるのか? 

ということも今後は考えなければなりません。

年末、東京で研修なので頑張っていきます。